戦う?闘う?

三枝龍生先生主催の小樽の合気道に通っています。
先日聞いたお話がとってもおもしろかったので
備忘録を兼ねてシェアします。

神社に入るには鳥居をくぐる。
日本人は古来から門を大事にしてきている。

だから門の付く漢字は大切なものの証。
話すより聞く事、問う事が大事。

闘いと戦い。大事なのは門構え。
おのずと大切なのは闘いと解る。
門の中には守る物がある。
だから門の中に入らせない為に闘う

 

そんな話をきいてから
闘うっていう言葉をイメージしてみると
ぐっと体にエネルギーが沸いてくるような気がしてくる。

最近、ガッツポーズが許されない高校野球の話がニュースで話題になっていた。
たしかに闘うという視点で考えるとガッツポーズをして無駄に相手を挑発したくない。
お相撲さんがガッツポーズをしないのも、そんな由来があっての事だそうです。
輪の中から出て行ってくれれば試合は終わりっていうのが日本ぽい。
朝青龍はガッツポーズしちゃうみたい。朝青龍は好き!)

できれば闘った後は、さわやかに円満な関係が結べると素敵ですね。

普段は平和主義の皆様もここぞという時は背後に門をイメージして
闘ってみてはいかがでしょうか。

合気道はちょっと怖いけど、さわりだけでも体験してみたいって方は
お嬢さんの三枝加奈さんのなでしこ合気道がおすすめ。
清田のヨガスタジオで月1で開催されているようです。

次の予定は4/17(金)明日!

nadeshikokana.hatenablog.com

なでしこだけど男性もOKとの事なので興味のある方はぜひ合気道体験してみてください。