読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メランコリックの罠

自分で作ったごはんがおいしくて
足湯して本読んで体操でもして眠りにつければ
毎日が幸せなんだけど
そんな生活が出来なくなると
とたんに心がスカスカになって来る。

 

一度リズムを崩し始めると襲ってくる
メランコリックの罠。
年に2度くらいやってくる。
人によってはそれを5月病とか呼んだりする。(6月はいっちゃったけどー)

 

もうすでに手料理とかそんなふわふわしたものではなく
スカスカになった心を満たせるのは「けだるさ」。

 

けだるさが何かって?
それはごほうびという名のスイーツであって
ジャンクフードでチュウハイで深夜のラーメンで
バーの灯りで椎名林檎くるりハナレグミでゴシップニュースで
感動するいい話だよ!

 

あぁこのままじゃ私自信が「けだるい」になっちゃうよー
「けだるい」になっちゃったらもう大変。
「けだるい」が伝染して、そこいらの人も誰もかれもが
「けだるい」になっちゃうんだから。

 

そうか私は疲れてるのかってサプリメントを飲んでみる。
ほんのちょっといい感じ。

 

でもまだ足りない。

 

・・・・・・太陽。
太陽が足りなかった。

 

てことで早起き始めてます。

何かの本で読んだら、日の出にエネルギーがあるそうで
ご飯がわりに太陽に当たる人がいるとかいないとか。
にわかには信じられないし、日の出を拝むのも無理だけど
いつもより早起きして散歩して太陽に当たったら
胸のあたりのチリチリする感じが穏やかになって
早起きして良かったと思う。

 

一度4時半くらいに散歩してみたら
大きな道路に人も車も誰もいなくて
別の次元を歩いているみたいだった。
太陽の高度が低いからビルと家の隙間から
太陽が見える位置を探してみたり。

 

そこまで早起きしちゃうとそれはそれで
実生活に難がでてきちゃうし、普段はせいぜい6時くらいに散歩してるけど、
心がスカスカになっちゃったら
太陽に当たってみたら良いんじゃないかって
お話でした。別に朝じゃなくていいんだけど。