読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

町山智浩さんの2013年ベスト映画を観ています。

黒バスの意見陳述の記事を読んで、ブログに書いてから心が少し曇ってきたみたい。なんて言うか、凶悪な、あっ!「凶悪」観たい!


2014年も後半にさしかかった今、町山智浩さんの2013年のベスト映画を観始めました。町山さんは現在カリフォルニア在住の映画評論家。


アメリカ人じゃないとわからないようなネタ満載の映画を町山さんの解説を副音声で聞きながら観るイベントにいった事があるのですが絶妙なタイミングの間の取り方と解説。うるさすぎても映画に集中できないし、映画を熟知している方。


で映画

ゼログラビティ

これは、、映画館じゃないと意味のない映画でした。オーディオマニアのSさん邸のオーディオルームで視聴。


どこまでも続くブルー。静かな宇宙空間。映像が美しい。


途中で用事がはいっちゃって、半分見終わったところで終了。


この時点で何の映画なのかまったく意味がわからない。


都筑を32インチの家のテレビで続きをみたんですが、最後まで意味がわからなかったです。


オーディオルームの一番良い席で視聴してたMさんは見てる間とっても息苦しかったそう。宇宙空間は酸素ないですからね。
もしまたどこかいい映画館で3Dでみれるならちゃんと観たい。

 

ソウルガールズ

あ~音楽って素晴らしい!こんなハッピーな気分になれる映画ずっと観てなかったなぁ。


オーストラリアで差別に苦しむアボリジニの少女達がアメリカのソウルミュージック覚えて、ベトナム戦争の最中、スターダムに登っていく過程を描いた作品。


マネージャー役ののクリス・オダウドさんに惚れてしまった~


ちょっと恋したくなる映画です。


誰と観てもはずさないと思うので、友達と集まってみるのもおすすめ。


凶悪

「おぅ?てめぇぶっこむぞ!」
言ってみたいね~

みてから5日くらいたつのでそんな気分にもなりますが観終わってすぐは、背筋がゾクっとしました。


とにかくどんどん殺しちゃう。それがホラーとかフィクションならいいんだけど実話だっていうんだから、世の中には怖い人が随分といるんですねぇ。。


でも、最後に本当に怖いのは、、、、、、!!

てお話です。
これは後引きますよ~

 

後味悪い映画ついでにもう1コ
1か月前くらいに
チョコレートドーナツみてきました。


この映画トレイラーが良すぎる。トレイラーが全てを語りすぎてる。
トレイラーを超えたかどうかは、私としては五分五分だけどそれでもやっぱり良い映画でした。そして考えさせられる。


映画館には一人で行きたいタイプだけど
この映画は、お友達と観にいったほうがいいみたい。


町山さんの2013ベスト映画、残りを観たらまたブログに書こうかなと思います。
次は「少女は自転車に乗って」を観てみたい。


映画評論家町山智浩の2013年映画ベストテン書き起こし